自分のiPhone依存度を考えるきっかけになった


Huffington Postさんが、「iPhone中毒症」という記事を公開しています。

初めにお断りですが、私はかなり新しいテクノロジーにはオープンな方です。

ブログを始めたのはかなり早いし(→『私のブログ歴』)、TwitterもFacebookも早かったと思う。 「近頃の若いもんは〜」と言うタイプでもない。

そんな私でも「これはまずい」と反省する出来事があったので記録がてら。

息子が初めて私のiPhoneに興味を示したのは、「ガラガラ」アプリ(振ると鳴りカラフルな画像が動く)でした。 生後11ヵ月で指で画面をスライドさせるようになり(→『Zappingする世代』)、1歳で歩けるようになってからはちっともじっとしなくなったので、地下鉄やレストランの中など座っていてほしいときにiPhoneを渡すとお気に入りアプリで遊ぶようになりました。

直に、家の中でもiPhoneを要求し始め、1ヵ月ほど前に突如、操作能力が格段に向上し、私たちが助けなくても自由にいろいろなアプリ(お絵描き・読み聞かせ・ゲーム・音楽など)で遊べるようになってから、完全に取り憑かれたようになりました。

iPhoneに赤ちゃんのおもりをさせることが絶対的にダメだ、とも思わないのですが、依存するまで与えるというのは問題があるのかなと思います。大人でさえ四六時中iPhone(スマホ)を触っていることもあるぐらいですから、言わずもがな、こどもが自分でiPhone(スマホ)を使う時間を調整できるかといえば、それは難しいのかなと。

僕の子供は、妻のiPhoneでゲームをしていますが、使う前には妻に了解を得る、一日のゲーム時間は1時間、ゲームは宿題が終わってから、というルールを決めています。何のルールもなしにこどもにiPhone(スマホ)を与えるのは、ちょっと危ないんじゃないかと思います。

この記事を読んで、自分はどうだろうか、と考えてみました。僕はiPhoneはニュースアプリで情報収集とゲームをチョットするぐらい。でもちょっと時間ができるとニュースアプリを読んでいる自分がいるなあ、と気が付きました。

一ヶ月ほど前から、日曜をオフラインの日と決めて、iPhoneの電源を切るようにしています。最初は思わずiPhoneを触ってしまっていたんですが、今ではなれてきました。そうすると、自然と日曜の読書する時間が増えていました。

大人でも依存してしまうiPhone(スマホ)。そして失われていく時間。時にはiPhoneの電源を切ってオフラインで過ごすことが、いつでもどこでもつながってしまう現代には、必要なのかもしれません。