エンジニアtype:ある高校生プログラマーのリアル~Macとボクと、時々、ふくゆきさん【特集:New Order】


エンジニアtypeさんが、「ある高校生プログラマーのリアル~Macとボクと、時々、ふくゆきさん【特集:New Order】」という記事を公開しています。

今年3月下旬、岐阜駅の改札で待っていたのは、今春から高校生になったばかりの「さびゅ」君。

なぜ彼の下を訪れたのかというと、村上氏とちょっと変わったつながりを持つ学生プログラマーだからだ。

さびゅ君と村上氏は、昨年12月末、とある“契約”を交わすために名古屋で一度会っている。その契約とは、「プログラムを学び、1万ダウンロードされるアプリを開発すること」と、「学習&開発プロセスをブログにアップし続けること」を条件に、無料でMac Book Airを提供するというものだ。

いくつかの偶然が重なって、さびゅ君と村上氏は繋がり、さびゅ君はMac Book Airを手に入れ、新しい未来への扉を開けることができた。これも何かの縁なんでしょうね。おとなになると、がんばっている若者に肩入れしたくなるんですよね。なんか村上氏の気持ちが少し分かるような気がします。それは、単純に頑張りに対する応援でもあるし、自分は失ってしまった若さを持つ者に対する対する応援、感情移入でもあるような。

結果は、成功でもいいし失敗でもいい。それよりも、自分で行動を起こして一歩踏み出してみた、さびゅ君の今後が楽しみです。