Mobile Panda:意外と知らないiPhone。充電器の不具合と「Made for iPhone」


Mobile Pandaさんが、「意外と知らないiPhone。充電器の不具合と「Made for iPhone」」という記事を公開しています。

iPhoneといえばイヤホンと充電器が一式初期の付属品として同梱されている。
しかしそれが壊れた時や、もうひとつ必要となった時にどこでなにを買うでしょうか。
今回は充電器、いわゆるLightningケーブル※の話ですが、いまや100均でも見かけるようになりました。値段はまさに”ピンキリ”と言えるでしょう。(※今回は非純正のものも一律にそう表現します)
もちろんAppleから公式のものを買うのが1番なのですが、いかんせん値段が高く100均とまでは言わずとも安いものに手を掛けたくなる気持ちは誰でもあるでしょう。
しかし安かろう悪かろうとは昔からよく言われたもので、このLightningケーブルには”粗悪品”とか”耐久性”とかそういう意味以上に”そもそも使えない場合”があります。

純正のLightningケーブルは1mで1900円(税抜)と結構お高め。ケーブルに1900円(税抜)か…となる気持ちはわかりますが、そこで純正以外の”Made for iPhone”じゃない安いケーブルにしてしまうと、結局使えなくなって高くついてしまうことも。

なんで安いLightningケーブルを買わないほうがいいのか、知らない方は読んでおいたほうが良い記事です。