あなたのスイッチを押すブログ:Macで使いやすいトラックパッドの構え方・ポジションの取り方


あなたのスイッチを押すブログさんが、「Macで使いやすいトラックパッドの構え方・ポジションの取り方」という記事を公開しています。

兄がMacを使っている姿を見ていたため、私の使い方は兄の影響を多分に受けています。トラックパッドの使い方もその内の一つ。
会社に入ってMacを使っている人を多く見るようになって、トラックパッドを使う手のポジション取りにも色々あるんだなぁと初めて知りました。
そこで今回は、私が普段どのようなポジション(手の置き方・構え方)でトラックパッドを使っているか、それをご紹介します。

まったく気にしていませんでしたが、トラックパッドの押し方、人によって違うんですね。僕はあなたのスイッチを押すブログ管理人さんと同じ、人差し指でポイントを動かし、親指でクリック派です。なんでそうなったんだろうと振り返ってみると、管理人さんと同じく、MacBookやPowerBookなどがトラックパッドとクリックボタンが別だった頃から使っているので、そのくせがついてるんですね。ということは人差し指ですべてをこなす方は、比較的新しいMacユーザーってこと何だと思います。

自分の動作って頭で考えずにやってしまっているので、他人もみんな同じだと思ってしまいがちですが、意外とそうでもないんですね。トラックパッドに限らず、キーボードのタッチなども他人の様子を観察すると、新しい発見があるかも。