Apps Core:iPhoneを片手で操作するための快適なエリアとデッドゾーンそれと親指の使い方


Apps Coreさんが、「iPhoneを片手で操作するための快適なエリアとデッドゾーンそれと親指の使い方」という記事を公開しています。

iPhoneの操作感は跳ねたり、伸びたり、縮んだりと説明書に載っていないような動作が細部に渡って繊細で気持よく、Macも含めてその操作性をユーザーは日頃から慣れ親しみ享受しています。
今回はそのiPhoneを含めたスマホを片手で使う場合のデッドゾーンや親指の動かし方を紹介します。

これはiPhoneのアプリ製作者必見の記事ですね。iPhoneの液晶画面のどの当たりまで指を動かすことができるのか、快適な操作ができる範囲を紹介しています。コレを見ていると左上、右下がデットゾーンですね。確かにそこは指が行きにくい。でも、その位置に「戻る」ボタンがあったりするんですよね・・・

iPhoneアプリを作成するときは、気にしたいと思います。