TECHCRUNCH:ヘビのように曲がって断線しないUSB充電ケーブル、Snakeble


TECHCRUNCHさんが、「ヘビのように曲がって断線しないUSB充電ケーブル、Snakeble」という記事を公開しています。

一度でもUSB充電ケーブルを使ったことのある人なら(TechCrunchの読者はほぼ間違いなく)、Snakableが解決しようとしている問題に遭遇したことがあるだろう。つまり、繰り返し使用するうちにケーブルが壊れて導線が露出し、ついにはケーブル自体の信頼性が低下し、充電するたびにケーブルをゆすってやらなくてはならなくなる。Snakableは新しいタイプのUSBケーブルで、折り曲げられたり引っ張られたりされるという、これまでのケーブルが曝される危険から身を守るしくみを内蔵している。両端につけられた特許出願中の緊張緩和機構の自在ジョイントによって、ケーブルが安全な半径を超えて曲げられることを防ぐ。

そう、その結果ケーブルの動きがちょっとヘビ(snake)に似ていることから、その名がつけられた。

はいはい、わかります、ケーブルの根本が弱い問題。僕も一度、iPhoneに付属していたLightningケーブルが断線したので、交換してもらいました。(幸いにもAppleCareに加入していたので無償でしたが)扱い方もあるんでしょうけど、雑に扱っていると断線しがちですよね。今回の記事で紹介されているケーブルが発売されたら、欲しいですね。断線しやすいケーブルの根本が切れにくいように工夫されています。

国内発売が待ち遠しいですね。