Business Media 誠:「iBeacon」対応サービス、地域活性プロジェクトにも 淡路島・洲本市のPRに活用


Business Media 誠さんが、「「iBeacon」対応サービス、地域活性プロジェクトにも 淡路島・洲本市のPRに活用」という記事を公開しています。

 iPhoneで利用できる「iBeacon」機能を用いたプッシュ型通知サービスが普及の兆しを見せている。

iBeaconソリューションを開発するエンプライズは5月8日、地域活性化プロジェクトを企画するリバイバルデザインと共同で、「iBeacon」機能を使用した淡路島・兵庫県洲本市の地域活性化プロジェクトを開始。同時にスマートフォンアプリ「淡路島のびのび~こん」の提供を始めた。

O2Oの手段としてiBeaconがこのところ注目されていますね。今回の事例のようにかなり具体化されて、実際に社会で使われだしています。まだ始まったばかりなので、iBeaconで集客する側もユーザー側も試行錯誤の状態だと思いますけど、今まで日の目を見なかったことがiBeaconで知ってもらうきっかけができますし、ユーザー側も知らなかった情報にふれるきかっけとなることもあるかと思います。今後の展開が楽しみですね。