OnyXがYosemiteに対応してたので、早速使ってみた。


Macのメンテナンスソフトの定番といえばこれ『Onyx』。

フリーだし、日本語対応だし、使いやすいしということで、何年も愛用してきています。

詳しい使い方はこちらのサイトがとっても参考になります。

Macとかの雑記帳 OnyX使い方とMacのメンテナンス

MacのOSをアップグレードする度に、対応した『Onyx』をインストールし続けていますが、この度Yosemiteに対応したバージョンがでたとのことで、早速ダウンロードしてみました。

ダウンロードはこちらから。

しかし、インストールしようとしたところ、こんなメッセージが。

hal01-11-20146

そうそう、APP STORE以外からダウンロードしたアプリは、デフォルトの状態ではインストールできないんだった。

システム環境設定のセキュリティーとプライバシーで、設定を変更。これで無事インストール開始。

hal01-11-20143 copy

問題なく起動して、見慣れた画面が。

僕は月一で自動処理を実行しています。自動処理の設定はこんな感じです。

hal01-11-20145

“webブラウザのキャッシュと履歴”にチェックをいれないのは、せっかくブラウザに覚えさせた各サイトのID/PASSWORDが消えちゃうから。

実行をして、数分(僕のMacBook ProはSSD積んじゃってますから!)でメンテナンス完了、んで再起動。

ああ、動作も早くなった(気がする)。

Macは定期的にメンテナンスしてやることで、快適に使うことができます。

Onyx』、オススメしますよ!