メイン使用のLigntningケーブルが弱ってきたので、タフケーブルに変えてみた。


自宅でメイン使用のLigntningケーブルですが、僕と妻の2台のiPhoneの充電で毎日のように使っていたので、気づけば根本が弱ってきていました。

こんな感じです。

hal03-12-20142 copy

なんか今にも断線しそうですよね。

以前に断線した経験もあるので、今回は断線しないタフなケーブルにしようと思い、以前記事にした「オウルテック ストロング Lightningケーブル」を使うことにしました。

実はこのケーブル、オウルテックさんより提供頂いたもので、レビューで使用してからはあまり出番がなかったんですが、この度、陽の目を見ることになりました。

どれぐらいタフなのかは以前の記事を参考にしてもらえばよくわかると思いますが、純正のLightningケーブルと比較すると、これだけケーブルの太さが違います!

hal03-12-20144 copy

コネクタカバーを硬質プラスチック製にすることで付け根部分の断線を激減。更にケーブルの表面をナイロンメッシュで覆うことで、耐摩耗性も加わり、オウルテック製の従来のケーブルよりも約3.5倍の耐久性となっているとのことです。

純正ACアダプタと繋いでみました。

hal03-12-20145 copy

ケーブルが太くなった分、かさばるようになりましたが、まあ断線しないことを思えばしょうがない。

あと、懸念していたのがLightning端子の大きさ。純正よりも大きいので、iPhoneのケースによっては物理的に接続不可の場合がありますが、うちの場合は僕のも妻のケースも問題なく接続できました。

ということで、我が家のメインで使用するLightningケーブルはタフケーブルに変更しました。これで断線を気にしてLightningケーブルの取扱に気を使う必要がなくなりそうです。

取扱オンラインストア:




コメント

  1. […] 「メイン使用のLigntningケーブルが弱ってきたので、タフケーブルに変えてみた。」を書きました。 […]